きのこの日

~10月15日はきのこの日~

きのこの消費拡大と生産振興を図るため、きのこに対する正しい知識の普及、啓蒙活動を積極的に推進して、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図るために、日本特用林産振興会によって制定されました。

”きのこの日”を中心に展示即売会、講習会などのイベントが全国各地において行われると、マスコミに対するパブリシティ活動も行いやすくなり、普及・啓蒙活動の実効性が高まると期待されます。

10月はきのこが最も多く取り扱われる月であり、天然のきのこも多く採れる月で、きのこ狩り、紅葉狩りなど山の幸を実感できる月でもあります。
また、10月はスーパーなどの店頭できのこコーナーが拡充される月であり、冬場の鍋需要を前に、消費拡大のためのイベント等の実施に最も適した月でもあります。15日は一般に月の中日で慌ただしくなく消費者に対してきのこの良さをアピールするのに適していると思われます。

よって10月15日を”きのこの日”と定めることを提唱し、制定に至りました。

 

    201309_きのこの日ポスターリサイズ

 

Copyright© 2011 Japan Special Forest Product Promotion Association. All Rights Reserved.