9月, 2016年

平成27年の特用林産物の生産動向等について

2016-09-28

林野庁は、平成27年の特用林産物の生産動向等を取りまとめました。

1.生産動向等について

林野庁は、毎年、特用林産物(注)の各品目ごとに生産量と生産額について調査を行い、特用林産物の生産動向等について公表しています。
この調査は、農山村の生産活動に大きく寄与している特用林産物について生産量等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して、需給の安定等に関する施策を推進することを目的としています。

 生産動向のポイント

きのこ類の生産量は、平成27年は前年と比べ1.2%減少しました。
主な品目別の生産量を前年と比較すると、乾しいたけは17.1%減少しましたが、生しいたけは1.1%、ひらたけは40.2%、まつたけは68.4%増加しました。
また、非食用の特用林産物は、うるしは17.8%、竹材は4.9%、木酢液は18.9%増加しました。
平成27年の特用林産物の総生産額は2,736億円で前年に比べて、0.5%増加しました。
詳細は、添付資料を御覧ください。

(注) 特用林産物について
特用林産物とは、食用の「しいたけ」、「えのきたけ」及び「ぶなしめじ」等のきのこ類、樹実類(じゅじつるい)、山菜類等、非食用の「うるし」、「木ろう」等の伝統的工芸品の原材料及び「竹材」、「桐材」、「木炭」等の森林原野を起源とする生産物(一般に用いられる木材を除く。)の総称です。

2.その他

<参考>
平成28年8月10日付けプレスリリース 平成27年特用林産物の生産量(速報・主要品目)について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tokuyou/160810.html
<添付資料>
平成27年の主要な特用林産物の生産動向(PDF : 40KB)

参考(平成23年~27年の生産量等)(PDF : 31KB)

特産情報 2016年10月号

2016-09-26

October特集 2015年(平成27年)の特用林産物生産動向速報(きのこ編)
生しいたけ生産量は低水準ながらやや回復
生鮮きのこ類全般が生産増で回復目立つ  編集部

2016年 秋の実り‼️  全国特用林産物イベント情報
「10月15日はきのこの日」
各地できのこ祭りや農林フェスティバル開催  編集部

連載 木炭探訪㊴ 〜国産木炭の普及に向けて〜
岩手白炭の再興を目指し
 一般社団法人全国燃料協会 専務理事 杉本 正二

シリーズ 2016年 きのこ生産者を訪ねて⑨
販売店との連携を大切に経営を多角化
なめこの低価格時代を卸売販売で克服   長野県中野市 ㈱原生林 窪田 晴久氏

 

  

●マンスリートピックス ●きのこ・特産情報交差点 ●日特振ニュース ●きのこ・特産 市況 ●編集後記

10月15日は「きのこの日」です

2016-09-26

10月15日は、日本特用林産振興会が制定した「きのこの日」です。

TVや雑誌でもきのこの話題が増えてきました。
きのこのおいしい季節、到来です!

201309_きのこの日ポスターリサイズ

特産情報 2016年9月号

2016-09-12

28.92016年上半期生鮮きのこ類の市場動向(東京中央卸売市場)
各きのこ類の高値市況が続く中で
入荷量の増減が市況に厳しく反映   編集部

第64回全国乾椎茸品評会  東京で開催
高市況が続く中で生産の安定対策が急務
厳しい栽培環境の中で、全国から良品集まる  編集部

連載 きのこの食の魅力と成分~きのこの味と成分、そして利用~⑨
きのこを活用した食育活動について
東京農業大学 地域環境科学部 助教 宮澤 紀子

シリーズ 2016年 きのこ生産者を訪ねて⑧
新商標「九頭竜まいたけ」として再スタート
生産拡大めざして設備を刷新 福井県 大野市 ㈱昇竜

 

  

●マンスリートピックス ●きのこ・特産情報交差点 ●日特振ニュース ●きのこ・特産 市況 ●編集後記

特産情報 2016年8月号

2016-09-12

28.8特集 第49回全農乾椎茸品評会 盛況に開催
出荷制限地区の一部解除などで出品数大幅に増加
高値市況、生産量回復の中で全国から良品集まる   編集部

特集 中国におけるきのこ産業の現状と今後の展開方向②
市場経済の発展で国内統計が充実
中国における国内食用きのこ類の価格動向と輸出動向
中国社会科学院農村発展研究所 研究員(農業経済学博士) 曹斌

平成28年 きのこ栽培用原木の需給状況調査結果
原木供給量の減少で不足数が増加
依然、深刻なコナラ原木の不足  編集部

シリーズ 2016年 きのこ生産者を訪ねて⑦
集団経営をめざして制度資金を積極導入
施設の大型化と自動コントロール、
省力化でぶなしめじ経営の効率化を実現    長野県 宮田村 農事組合法人ひかり

 

  

●マンスリートピックス ●きのこ・特産情報交差点 ●日特振ニュース ●きのこ・特産 市況 ●編集後記

子ども霞が関見学デー~きのこのブースは大好評でした~

2016-09-01

平成28年7月27日、28日に農林水産省において開催された「子ども霞が関見学デー」

今年の農林水産省の来場者は昨年より増、6,664名(H27は4,787人)でした。
そして、来場者によるアンケート「特に満足したイベント」では「きのこに触れてみよう!」が329票でトップでした!

めずらしいきのこやしいたけ原木に直接触れたり、乾しいたけすくいを楽しんだり、大盛況でした。

IMG_0018 IMG_0007 IMG_0020

 

Copyright© 2011 Japan Special Forest Product Promotion Association. All Rights Reserved.